お店で査定する時のポイント

買った当時のことを思い出そう

カーナビやドライブレコーダーがついてきた場合は、それらも一緒に売ると価値が上がります。
付属品も、セットにすることを忘れないでください。
また、タイヤがセットになっていた車もあるでしょう。
タイヤは、夏用と冬用の2種類があります。
両方セットになっている状態で買ったなら、両方売りましょう。

車と付属品をバラバラで売ると、それぞれの価値が下がってしまいます。
高く売れるチャンスを逃しているので、非常にもったいないです。
車を売りに行く前に、何がセットになっていたのかもう1度確認してください。
たくさんの付属品がセットになっている場合は忘れるかもしれませんが、書類を見ればわかります。
全て準備してから、売りに行ってください。

取り出しやすいところで保管する

スペアキーや説明書も付属品なので、車を売る時に一緒に出してください。
しかし普段使わないものなので、どこかにしまってそのまま失くしてしまう人が多いです。
失くしたら大変なので、普段から取り出しやすいところで保管することを意識してください。
それなら車を売りたいと思った時に、すぐ準備してお店に行けます。

早く車を売らなければいけない状態に、陥るかもしれません。
その時にスペアキーや説明書がどこにあるのか探していると、余計な時間が掛かってしまいます。
大切なものを入れておく場所を作ると良いですね。
車に限らず、家電などの説明書も同じところで保管するのが良い方法です。
すると失くしませんし、必要になった時にすぐ取り出せます。